株式投資を始めよう!株式投資で得られるメリットとは

そもそも株式投資って、どうやって利益を得る?

株式投資を始める前に知っておくべきことが、「どうやって利益を得るのか」ということです。
株式投資で利益を得る方法は大きく分けて、2つあります。1つが配当金で利益を得る方法で、もう1つが売却益で利益を得る方法です。
配当金で利益を得るためには、企業の株を保有している必要があります。一定の期間、企業の株を保有しておくことで、企業が出した利益を得られるようになります。この配当金で利益を得る方法で重要なポイントは、株の保有数です。保有数が多いほど大きな利益が得られるので、高額な配当金を狙っている人は、その分多くの株を購入するのが良いでしょう。
売却益で利益を得る方法では株の売買を行うことが必要になります。需要と供給のバランスを読みながら、適切なタイミングで株を売ることで利益を得られるようになります。

株を行うことで得られるメリットとは何か
株を行うことで得られるメリットの1つとして挙げられるのが、売却益による収益です。自分のテクニック次第では短期間で大きな収益を得られる可能性もあります。この売却益での収益を狙う方法は、所持金が少なくても始められるというメリットがあります。所持金が少なくても、デイトレードで売買を繰り返していけば高額なお金を手に入れられる可能性もあるでしょう。
しかし、タイミングを逃してしまえば、赤字になるリスクもあります。そのような失敗を避けるために、とにかく情報収集を怠らないことが重要になります。

配当金を得られるのも株式投資のメリットですが、それと同時に株主優待のメリットも得られます。株を保有していることで、配当金を得られるという話は前述した通りです。それと同時に得られる株主優待とは、その企業の株を保有していることで受けられるサービスのようなものになります。例えば食品メーカーの株を保有している場合は、その食品メーカーの商品やスーパーマーケットで使用できる商品券が受け取れるケースが多いです。他にも化粧品メーカーなら化粧品を貰える可能性が高いです。
このように企業によって得られる株主優待のサービスが異なるため、自分の好みに合った企業の株を購入してみるのも良い方法だと言えます。

企業によっては、一定の株を保有していれば株主総会に出席できるというメリットも得らえます。株主総会に出席することで、その企業の経営方針や資産の運用方法について口出しできるようになります。